また年収1000万円会社員が増税の対象なのか

スポンサーリンク

10万円支給の話が話題ですが、これに引き続き、また出てきましたね。年収1000万円会社員にとって怪しい話が。この手の話を持ち出すときは、せめて子どもがいるかどうかと、その人数も考慮に入れてくれ。

もっと言うと、少子化対策の逆になるようなことだけはやめてくれよ。

ということで、年収1000万円会社員が次に何をされようとしているのかについて。

スポンサーリンク

住宅ローン減税

住宅ローン減税ってあるじゃないですか。残高の1%、4000万円借りていたら、税金が40万円もどってくるというの。ここに手を付けようとしている動きが。40万円戻すのは多すぎだろと。

でと、なんで年収1000万円会社員なのか。一般住宅の場合の住宅ローン残高限度額が4000万円なんですが、この金額、ちょうど年収1000万円で借入するのに無理なく返済できるとされる金額。35年ローンで4000万円とか5000万円とか。

どういじられるのか

どこをどういじられるのか、今のところよくわかりませんが、ここ10年程の制度変更の動きを見ていると、どう考えても油断ならないですね。将来、住宅ローン使おうかなと思っている場合は、早めに動くことを考えた方が良いのだろうか。

夢の持ち家、幸せ家族計画、それを奪うのはやめてくれ。住宅ローンで家を買って幸せそうに暮らしている人たちを多く見ているので、切に思います。

4000万円かりて金利1%だと支払い利息がちょうど年40万円ぐらい、現在の住宅ローンではもっと安く借りれるので、支払った利息よりも戻ってくる税金の方が多い、そんなのはダメだということなのでしょうか。そうだとすると視野が狭すぎないか。

区分ファミリー投資をどうするか

この税制変更、投資にも影響があります。私は区分ファミリーと戸建を持っています。ちょうど住宅ローンで購入するような物件、現在の価格にして3000万円から4000万円ぐらいで売却できるであろう物件ばかりです。

これらに下げ要因でてくることになります。一方で、賃貸については上げ要因となるのかもしれません。私の自宅は賃貸、現在は住宅ローンを使っていませんし、今後も使う予定はないのですが、投資に影響が出てくるということですね。

この制度変更の行く末、今後も注視していく必要がでてきました。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ 稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました