年収1000万円 vs 手取り月13万円

スポンサーリンク

手取り月13万円が話題のようです。少ないと。月13万円代ということは年収にして190~200万円ぐらい、税・社会保険控除前です。ということで、今回は年収1000万円会社員を引き合いに出し、比較をしてみることにします。さて、軍配はどちらに。

専業主フで子2人の会社員一本足打法の年収1000万円

vs

独身で年収200万円

スポンサーリンク

年収200万円は結婚できるのか

まず、年収と結婚や子の有無についての関係について。

30代で見た場合、男性の場合は年収300万円未満だと、極端に結婚していない方が多くなります。女性の場合は年収が300万円未満だと、300万円以上~400万円未満の方よりも既婚率が高まります。今回取り上げた年収200万円だと、男性の場合は、本人が望むかどうかはさておき、結婚しにくくなるということですね。

次に世帯年収と子の有無についてですが、これも相関があります。世帯年収が高くなるほど子がいる可能性が高くなる。

お金があるほど子供ができるなら、子供1人つき毎年100万円とか200万円とかお金配っちゃえばいいのに。少子化対策のはずが税金上げたり、人によっては手当減らされたり、反対のことをしてないか。先日、期日前投票に行きましたが、小選挙区には選択したい政党や候補者がいなかったので、記載せず投票しました。比例は記載しましたよ、もちろん与党以外を。

なお、ここでは会社員一本足打法の1000万円をとりあげてますが、東京都の場合は子のいる世帯年収1000万円以上だと、共働き世帯の方が一本足の1.5倍ぐらい多くなります。共働きでないと生活ができないということなのでしょうか。

どちらに軍配が上がるか

さて、16歳未満の子2人で専業主ふの年収1000万円 vs 独身の年収200万円、どちらに軍配が上がるでしょうか。

これは接戦、この接戦を制するのはどちらか



1000万円!?

年収1000万円は手取りで約720万円、これを世帯人数の4人で割ると一人180万円。一方で年収200万円は手取りで約160万円。年収1000万円、勝ったといっても辛勝ですね。

しかし、こうやって見ていくと、会社を通してより社会に貢献し、家庭を通してより社会に貢献している方が多いと思われる、専業主フで子2人の年収1000万円。それなのに、税金増やされるわ、児童手当は減らされるわ、人によりますが減らされた児童手当が今度は無くなるわ。

もっと報われても良い気が。

なお、共働きで世帯年収1000万円、各々500万円だと手取りで約780万円で4人で割って200万円弱となったうえで、児童手当が満額受給できますので、世帯年収1000万円でも専業主フと共働きでは随分と話が変わってきますね。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

↓「年収1200万円の会社員を襲う制度変更、残された1年」の話です。

↓「年収1000万円の会社員を何だと思ってるんだ」という話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました