自由への扉を開けて歩みだすキッカケ

スポンサーリンク

私は今年、自由への扉を開けてその先に歩みだすことができました。どういうことか、それは投資により「不労所得 > 生活費」の状態となり、会社員を辞めたということです。FIREでいうと、FI=自由への扉を開ける権利を手に入れる、RE=扉を開けた先に歩みを進める、ということになるでしょうか。

今回は、FIREを考えるキッカケの一つについてです。

スポンサーリンク

10年前、投資で生活しているという方を現実に目の前にした

今でこそ、このような生き方を選択することもできるというのは広まってますが、10年前はこのような存在は稀有に感じていました。当時も、不動産投資で十分な収入ができ、会社員を辞めるという類の書籍が本屋さんに置かれていました。しかしながら、現実に出会った事は無かったです。

そして、私がそのような生き方をしている方と、現実に初めて出会ったのが10年以上前、区分マンションの総会で突然に2人。

話をしていると、区分ワンルーム投資でそのような状態になっているようでした。区分ワンルームでセミリタイアは当時の書籍にもありませんでした。そして、こう思います。

区分ワンルーム投資で経済的自由、できるんだ。

できるとなると、あとはやるか、やらないかだけ

区分ワンルームで経済的自由を得る、そのために何戸買えば良いかは、人により、また生活費によって変わってきますが、数十戸あればよいということになります。現金で買い進めて数十戸。

これって簡単じゃない?

これって簡単と思いませんか。10年以上前の当時はそのように思っていませんでしたが、今にして思えばです。例えば現金で1戸買う、もろもろ考慮して月3万円のキャッシュフローだとして、月30万円必要なら10戸、90万円なら30戸、そのような戸数になるまで購入すればよいだけなんですよ。

結果的に違う形となった

先の話が約10年前のことです。この頃から、投資家が集まるような場にも行き出したんですが、元会社員で定年を経ずして退職したという方々に会うことが多くなってきました。稀有な存在と思っていたんですが、当たり前な存在であると、今の自分がそうであるからか、このように考えるようになっています。

いまだ話題となっている45歳定年制、何でそんなことで騒ぐんだろう。むしろ害悪となる者は退出いただき、有能であったり可能性のある若者に活躍してもらった方がありがたいです。自分が害悪と思っていない老害ほど迷惑ですし。

ちなみに、結果的にどのような投資になっているかと言いますと、区分ワンルームに限らず、様々な投資を行うことで今に至ってます。FIREポートフォリオを創り出すために。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

↓FIREポートフォリオです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました