税金をどう払うのが得なのか

スポンサーリンク

2021年5月以降の税金の支払い、決済方法に何を選択するのかということで以前に「住民税の支払いでのポイント還元を何にするか」を書きました。PayPayアプリからボーナス付与率UPの条件が変わるとのことで案内があり、それに伴い、現在の特典を確認することに。そしたら、新たな発見があったんです。

現在、税金の支払いでメインに使うのはLINE Payのコード決済と決めていました。しかしながら今回のPayPayの案内をきっかけに、改めて6月までのPayPayの利用特典を確認したところ、2021年7月までにおいては事情が変わってきました。

2021年6月まではPayPayで決済50回以上で+0.5%、利用金額10万円以上で+0.5%。決済50回以上は無理でも、利用金額10万円以上は税金を支払うと軽く超えるので、こちらは使えそうです。これによりLINE Payの0.5%に対し、PayPayは1.0%に。

ということで、6月支払いの住民税をPayPayで支払いました。これにより、6月は付与率0.5%でしたが7月は付与率1.0%になることが確認できました。7月には8月支払い分の住民税を決済します。

なお、あってはならないことですが税金を滞納した場合、次の記事にある差押禁止財産も差し押さえられます。

以前はこのように考えていましたが、2021年7月の支払いまではPayPayにする予定です。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました