年収1000万円の会社員は10万円無しな

スポンサーリンク

年収1000万円の会社員、世間からはどう思われているんでしょうか。独身なら高所得でしょうが、子が2人いて専業主ふで、首都圏に居住していて住宅ローンと自家用車と教育費とか言ってたら、カツカツの生活でしょうか。

年収800万円も1000万円もそう変わらないですよ。住んでいる家がちょっと良いとか、車がちょっと良いとか、時計が、外食が、教育が、となりますが、生活自体はそんなに変わるもんでもないでしょ。それなのに、色々と標的にされる年収1000万円の会社員。

子がいると10万円相当を給付の話題がでてきましたよね、という話です。

スポンサーリンク

10万円無し

共働きで各々が年収800万円だと10万円。専業主ふで一本足打法会社員の年収1000万円だと0円ということなのか。

共働きで子供1人で世帯年収1600万円だと10万円、専業主ふで子供4人の年収1000万円だと0円。

少子化対策ではないということなのか。何の10万円なのだろうか。専業主ふでバンバン子供をという方々が、子育てしやすくすればよいのに。年収2000万円以上とかだと無しでいいと思いますが、1000万円でというのはどうなんでしょう。

年収1000万円で子2人の専業主ふの4人家族だと、一人あたり年収250万円。手取りで見ると年収200万円の独身とたいして変わらないんですけど。

少子化対策なら配っちゃえばいいのに

世帯年収が高い程、子がいる比率が高くなるという、ハッキリとした正の相関。子がいると継続的にお金が配給される、そうすれば少子化対策になるんじゃ。

カップルで各々が年収200万円の世帯年収400万円で、子が4人いるならば、世帯年収800万円にするとか。子1人につき年100万円とか。児童手当みたいにチマチマせずに一気にやる。こうなると、子だくさんも稼ぐスキルのひとつ、子だくさんで年収2000万円。ただし、親そのものに能力がない場合は、子の成長と共に年収は下がります。

なお、配ったお金を1年以内に使わない場合は消滅ということにします。以前に10万円配ったときみたいに、預貯金されると意味ないので。ちなみにモツ家が以前に受けとった40万円は、キッチリと旅行や外食などの消費に使いました。そういう主旨で配られたものですので。



デメリットは無いのか

年収1000万円会社員、今回はもらえないだけです。何かを減らされたり実質増税になったりという話ではないので、特にデメリットはなく、放っておけばよいだけの話となるでしょうか。それとも将来、何かしらの制度変更等で、給付されていないのに徴収だけされることになるのでしょうか。

年収1000万円会社員、ここ10年程で実質増税をされ続けています。該当の方々におけましては、相変わらず油断ならないですね。

ということで、会社員年収1000万円シリーズの話でした。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました