年収1000万円以上の会社員達を襲う悲劇

スポンサーリンク

会社員で年収1000万円、というか今回の場合は900万円ということになるでしょうか。これ以上の年収である全員が害を被るような、何やら怪しげな話があるじゃないですか。

むごすぎる、もうやめてやってくれ。

お金をたくさん払えば、その分サービスが良くなるというのが当たり前なことだと思うのですが、この手の話ではその逆、お金を沢山払ってサービスの質が落ちる。またそのようなことが増えるのか、という話です。

スポンサーリンク

年収1000万円って言っても

会社員で年収1000万円、この辺りから税金や社会保険料の負担感が気になりだすでしょうか。年収1000万円でも手取り約720万円(扶養家族により変わる)。住宅ローンあり、自家用車あり、子供が2人以上いて首都圏に居住していたらカツカツだという世帯も多いでしょう、こちらに詳細を記載した通りです。

年収1000万円って、そんなもんです。そして、ここに更なる追い打ちが。

年金の財源振り分け

何やら国民年金が少なくなるから、厚生年金から国民年金に財源を振り分ける制度改革を、という話があるじゃないですか。

厚生年金には国民年金も含まれているんで、厚生年金を払っているならわかります。だけども、厚生年金を払ってなかった人たちにそれを振り分けるのはおかしいでしょ。しかしながら、自分の年金受給額に影響が無いのであれば、声をあげる方も少ないのでしょうか。

そう、自分が受給する年金に影響がなければ。

またやられるのか、1000万円以上の会社員



年収1000万円以上の会社員、児童手当の支給額は減らされ、小児医療費助成の対象外とされ(地域による)、給与所得控除が減らされ支払う税金が増えました。そして今回は年金にも手を付けられようとしている。

どういうことか、次のわかりやすい図があります。

出所:共同通信社

4つあるグラフのうち右下のグラフ、左から右に向かって年金受給額が増えていくのがイメージされているんですが、グラフの右に行くにしたがって減額されていて、右に行くほど減額幅が大きくなっていく。

まるで、年収1000万円以上の会社員だった者の厚生年金が、厚生年金を払っていなかった者に吸い取られているようだ。

現役時代に支払った多額の社会保険料はいったい。。。

年金はそういう仕組みではないですが、吸い取られるように見えている方は納得いかないでしょ。そういえば最近、「所得の再分配」という言葉を見聞きすることが多くなってきましたが、これもそうだということなんでしょうか。

年収1000万円以上の会社員、ここばかり狙われている気がしますね。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

↓「年収1400万円が低所得だと!」という話です。

↓「年収1000万円が低所得か」という話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました