45歳定年制って嬉しすぎないか

スポンサーリンク

45歳定年制が話題ですね。いつもどおり真意が切り離されて。この場合は45歳で会社から放出するという意味合いのものが渡り歩いていますね。目的にたどり着くためにFIREを通過点として活動する方々においては、定年が何歳かなんてどうでもよいことかもしれませんが、45歳定年制が実現すれば嬉しい事が起こる可能性も。

今回は、42歳の誕生日に自主的定年退職を果たした、FIREマンの私が考えることについてです。

スポンサーリンク

FIRE資金への影響あるのか

45歳定年制の発言者によれば、45歳での退職を強制するものではないとのこと。人材の流動性を上げるための施策のひとつとして、この制度の発言があったようですね。

45歳定年制が45歳で会社から放出するという意味だとしたら、SFやマンガの世界ですね。

今45歳以上の会社員、一旦大放出!!!

45歳以上で日本の大企業で働く、年収1000万円とか2000万円以上のおじさん達、能力があるのか、能力があって権限もうまく使えるのか、権限を能力と勘違いしていているのか、そして更には害悪なのか、それともただ無能なのか、それは一人一人によるんでしょうが白日の下にさらされる真の能力、特に50歳以上が労働市場に大量放出されては大混乱ですかね。

さて、この45歳定年制度、むしろ40歳や35歳でも良いかも。仮に私が今も会社員をしていたとしたら、あればよいと思いますし、投資家の立場としても歓迎です。

私は会社員時代に転職も2回していますが、会社員の立場としてみた場合に、転職のみならずFIREも含めて影響が考えられることの一つとしては、退職金でしょうか。

退職金の設計が退職を阻む

退職金、勤務した年数に応じて上がっていく。そしてもうひとつ、年々積みあがる退職金の金額に、受け取るときの年齢によって入る掛け目。多くの日本の大企業がそのような設計になっているんではないでしょうか。

この年齢による掛け目、例えば60歳で退職なら年数に応じて積みあがった金額の100%がでたとして、それが45歳なら65%とかそのような計算になります。文字だとわかりにくいので、計算例。

●60歳の場合

積み上げた退職金額3000万円 × 掛け目100% = 3000万円

●45歳の場合

積み上げた退職金額1500万円 × 掛け目 65% = 975万円

FIRE予定の方は勤務先の規定を読み込んで、自分のFIRE予定年齢では退職金がいくらになるかを計算しておきましょう。そして45歳定年制度ができたとき、先ほどの65%となるものが100%になったら、上の例でいえば975万円が1500万円になったら小躍りしましょう。

ちなみに、どれだけの実現可能性があるかは知りませんよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

次の記事は、自主的定年退職を決意するにあたり1週間程のあいだ考えたことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました