何故それを間違える

スポンサーリンク

不動産売買のポータルサイトを見ていたら、途中まで住所がのっていて自宅から徒歩5分以内と思われるオーナーチェンジの区分ファミリーがあったんです。

5年ほど前の話で結局オーバーローンで購入したのですが、その時の仲介担当者さんが衝撃的でして、、、

スポンサーリンク

一人で見に行かせてくれ

仲介はどなたでも知っているような大手の会社でした。過去に購入した物件でも何件か仲介いただいている会社です。なので、ポータルサイトから問い合わせをしたら住所や部屋番号などを教えてもらえるだろうと思ってました。

ところが、現地か私の自宅で会いたいとのこと。じゃあということで、現地で会いましょうとなりました。物件は自宅から徒歩1分の場所で、賃貸中で部屋は見れないので仲介担当者さんと会う必要もなかったんですが、どうしても会いたいと食い下がられまして。

で、現地で建物を外から見ながら、部屋の位置があそこだとか一通りの熱心な説明をいただいたのち、融資を使うと伝えたうえでキツメ指値の買付をだしました。

物件が違うだと

翌日に仲介担当者さんからTELが。「言いづらいんですが」と前置きがあり、物件が違っていたと。元付けでですよ。

驚いて目が飛び出る人のイラスト(男性)

そんなことがあるのか。じゃあ、熱心に建物の前で部屋の場所とか説明してたのは一体何だったんだ。

本来の物件は誤って現地確認した物件より駅から徒歩1分ほど離れた場所でした。それを理由に更に指値をして改めて買付をだしたのでした。

物件が違っていたと聞いたときは衝撃でしたが、結果的には安く買えたんで良かったです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました