風俗店に囲まれたマンションを所有して

スポンサーリンク

風俗店、その中にはお風呂、特殊浴場ってあるじゃないですか。そのような店に四方八方を囲まれて八方塞がりの区分マンションというのもあり、そのような物件も私は所有しています。

その理事会のメンバになっているんですが、他の理事会メンバと話している中で、相続の事を考えることに。投資用ワンルームで築30年とかだと、理事会メンバが高齢の資産家で、その方の子が私と同年代ということも多いので、他の理事会でもそうなんですが相続はよく話題にでます。

相続する側とすれば、人によっては、相続したくない、そのような資産もあるのかもしれません。

ということで、風俗店に囲まれたマンションを所有してるけどどうしよう、について。

スポンサーリンク

相続するのに迷惑な資産なのか

人によっては嫌がる資産、先ほどの特殊浴場で八方塞がりの区分ワンルームがあります。それと、程度はだいぶ違いますがラブホテルの隣の区分ファミリーというのも持っていて、人によっては、これも同様の印象になるのかもしれません。

区分マンションなので周辺のことを気にしなければ、賃貸管理会社をいれておけば建物は管理組合で管理され、メンテナンスに手がかかるという事も少ないです。そんなことも考えながら、ふと気づくことになります。

風俗店に囲まれているのはまだいいけど、築古アパートや築古戸建って、どうするんだ。

手がかかる築古一棟

築古、築30年、50年、70年、このような一棟もの、アパートや戸建を所有しています。自分でやっていても手がかかる、お金もかかる、そのような物件、相続する身としてはどう思うのか。相続した人から物件を買うという事もしばしばありましたが、相続した時は大変だったと言っていた方もいました。

築古物件に何かあって管理会社に工事の見積もり等を出してもらったとしても、妻や子たちがそれを見て適正なのかどうなのか、自身で別の業者から相見積をとった方がよいのか、そんなことはわからないでしょう、今のところはということかもしれませんが。



資産の組み換えをするのか

FIRE達成まではキャッシュフローを増やすこと、純資産を増やすこと、それも自分で実行可能な手段で最速なものを使ってということでやっていました。築古アパートは手間がかかること、維持にお金がかかることを覚悟のうえでの投資です。

私の現在のFIREポートフォリオ、不動産以外にも暗号資産、投資信託、株式等がありますが、もっとシンプルで手間がかからないものにしたいと、自身でも思います。今後10年は分散投資を進め、将来的には資産を組み換え、20年後にはできるかどうかわからないですが資産運用の完全自動化をする。これが相続対策でもあるかなと、今のところはそう考えることとなった、理事会での相続の話でした。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ 稼ぐブログランキング

↓風俗店で八方塞がりのマンションを購入した時の話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました