FIREに必要だった資産額やキャッシュフロー

スポンサーリンク

FIRE状態であるということ。会社員の方から見ればそのような状態であるように見えるのかもしれませんが、自分自身は別にREの状態ではないなと感じています。なんでREになったんだろう。日本人だから違和感を感じるんでしょうか。

さて、このFIRE。新型コロナにより対面で人と会うことが少なくなったのですが、それでもFIRE状態に見える私に会った時に聞かれること。それは、どうやって生活しているのかというお金のこと。

どれほどの資産があるのか、どのような資産を持っているのか、資産からどのように生活費を出しているのか、これらについて聞かれることがあります。

気になりますよね。

スポンサーリンク

お金について聞かれたら

皆さん、お金のことを気にしているんですが、これについて聞かれたとき、直接お会いして話すような時には具体的な金額も含めて答えることがあります。当ブログ内ではこちらに記載のようなFIREポートフォリオや、こちらにあるような借金の金額を掲載しております。

以前は不動産投資におけるキャッシュフローの掲載もしていたんですが、なんというか、ある時から意味がないなぁと感じ出したんです。なお、不動産投資においては税引き後の年間キャッシュフローが800万円か900万円ぐらいになるまでは掲載していた記憶があります。

暗号資産やペーパーアセットについては金額を掲載したことはないと記憶しています。

他人のFIREポートフォリオに意味があるのか

何かを目指していて、その通過点としてFIREがある方にとって、FIRE民たちの資産額やそのポートフォリオ、そこから生活費をいくら出してその結果、資産額はどのように変化していっているのか。

これ気になるんですよね、わかります。自分もそうでした。

資産額やキャッシュフロー、生活費やポートフォリオ等を公開している方のブログなどを拝見していましたし、今なお、そのようなことを掲載しているブログで訪問させていただいているものもあります。

ただ、これは他人のこと、他人のFIREポートフォリオを知ることなんて意味がないと気づきます。私の場合はFI目指して投資をして7-8年ぐらいたった時でしょうか。投資は生き方にも通ずるんですが、自身のことなので他人を見ても意味がないんですよね。生活費も人それぞれ千差万別ですし、リスク許容度もそうですよね。

ということで、FIREポートフォリオの答えは己の中にある、ということになります。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

  1. ヤッシ より:

    でも、他人のお財布が気になってたしまうんですよね。
    見てもしょうがないとわかっているのに(^^)

タイトルとURLをコピーしました