新築マンションのモデルルーム見学のメリット その2

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。

サラリーマン不動産投資家のモツです。

今日も新築ファミリー区分マンションのモデルルームを1件、見学しました。この3連休で合計2件の見学をしたことになります。

新築モデルルームをおそらく50件以上は見てきて、良かったことに以下があります。

①最新のマンションの構造について詳しくなった。

②最新のマンションの設備について詳しくなった。

③共有部分や部屋をみて、直感的にグレードが判断できるようになった。

④各地域の需給について詳しくなった。

⑤デベロッパー毎の広告や販売活動に使う経費の特徴を把握できた。

等々です。

中古で区分マンションを購入すると仲介手数料等の初期費や固定資産税等のランニングコストが高額ですが、新築で購入するとそれらの経費が少なくて済みます。

単純に物件価格のみを見ると中古の方が安く感じることが多い気がしますが、初期費やランニングコストも含めて考えると、新築もありだと思っています。

クリックしていただけるとうれしいです→
人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました