FIREのために、給与所得から生活費へのお金の流れを断ち切る

スポンサーリンク

今回は、FIを目指した投資を10年、20年と行う中で、家計のお金の動きを、どのように変化させていくかについてです。不労所得を作っていくということなのですが、不労というのが私モツ的に違和感満載なので、資産所得と言います。次の流れで掲載していきます。

  1. 投資開始当初のお金の流れ
  2. 投資1年目以降のお金の流れ
  3. 資産所得 ≒ 生活費 となった時のお金の流れ
  4. 資産所得 > 生活費 となった時のお金の流れ
スポンサーリンク

投資開始当初のお金の流れ

投資を開始する前は、普通は給与所得のみでそれを生活費に使い、配当所得や不動産所得、副業などの所得もないでしょうから、次のお金の流れですね。次の図にある資産とは、預貯金、株式、投資信託、不動産、暗号資産、等々のことで、それらに投資することで資産を増やします。私モツの場合は投資10年目ぐらいまでは資産はほぼ98%~99%がリスク資産で預貯金はほとんど無いという状態でした。

投資1年目以降のお金の流れ

投資を開始し、ある程度の年月がたってくると、給与所得以外に配当所得、利子所得、不動産所得等の資産所得が自身の口座に入ってくることがわかりますね。給与所得に加えて、資産所得もさらなる投資にします。

資産所得 ≒ 生活費となった時のお金の流れ

人によりますが概ね10年~20年目以降でこのような状態になれるでしょうか。

資産がある程度できて、資産所得 ≒ 生活費の状態になってきたら、「インカムゲインやキャピタルゲインの税引き後利益を実現」させ、資産所得を生活費として使います。給与所得は生活費には使わない状態なので、全部投資に回すとか、やりたい事業等の先行投資や準備金に回すとかにすれば良いですね。「インカムゲインやキャピタルゲインの税引き後利益を実現」について、何言ってんの?となるでしょうか。これについては長くなるので別途でですね。

モツの場合は一気に切り替えたのではなく、生活費の内訳毎に3年ほどかけて切り替えていきました。例えば、養育費は資産所得で払うようにする、次は住居費を資産所得で払うようにする、等です。あと、このような状態になっていると、給与の金額は気にならなくなってきました。

資産所得 > 生活費となった時のお金の流れ

人によりますが概ね10年目~20年目以降にこのような状態になれるでしょうか。

以下の図では赤で給与所得に×としましたが、こうするかしないかは人によりますね。資産所得から追加投資ができるのなら、給与所得はあってもなくても良いですからね。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました