法人口座開設に四苦八苦

スポンサーリンク

法人口座の開設。以前に読んだ何かの本に書いていたと記憶しているのですが、法人口座は個人の口座のように簡単に開設できない場合があるという認識の元に進めていました。最初に口座開設を依頼した1行で審査NGを出され、次に申し込んだもう1行で開設できました。今回は開設できなかった銀行と開設できた銀行についてです。

スポンサーリンク

どのような銀行で開設できなかったか

法人では融資を受けるとか、法人そのもので資産運用するというつもりが今のところはないので、振込手数料のことを考えるとネット銀行が良いと考え、住信SBIネット銀行に口座開設の申し込みをしました。冒頭で書きました通り、法人口座は個人の口座のように簡単に開設できない場合があるとの認識があったので、定款は銀行の口座開設も意識して作成していました。

そしてネットで申請して5日後ぐらいに「口座開設手続き結果のお知らせ」の件名でメールが。開設できたかと思いメールを開くと、「口座開設を見合わせていただきました。」と。。。

今月には法人で売り上げがたつのにとか社会保険料の支払いがあるのにとか思い、かなり焦ることに。

どのような銀行で開設できたか

新設法人はハードルが高いのかなとか勝手に思いつつ、個人で長年の取引がある都銀のM銀行に。都銀のイニシャルははだいたいM。

ネットで見ると法人所在地の最寄りの支店に口座開設するように書かれているので、そのつもりで担当者と会話。取引がある支店に開設したらよいんじゃないですかと言われ、審査があるとのことで法人の履歴事項全部証明書や印鑑証明を提出。

なんだ、話している感じだと簡単に口座開設できる感じが。。。最初からこちらに頼めばよかった。そして5日後ぐらいに連絡があり、開設可能なので来店してねとのこと。

ありがとうございます。

ネット銀行だと法人が支払う社会保険料が口座振替できず、毎月銀行窓口で払う必要があるので、結果的に口座振替ができる都銀のM銀行に口座開設できて良かったです。

セミリタイアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました