不動産ローンと証券ローン

スポンサーリンク

不動産投資家と話をするときに良くでてくるのがローンの話です。私モツは投資信託や株式などの証券への投資も行っています。実はこちらでもローンが使えます。今回はローン、融資についてです。次の順でいきましょう。

スポンサーリンク

証券担保ローンとは

不動産の場合は担保とする不動産の積算とか収益還元法とか、それに会社員としての属性や資産背景等々で融資がされますよね。融資を受ける際は、皆さん色々な書類などを提出するかと思いますし、金融機関毎の考えで審査基準が随分と違いますよね。審査の時間もかかります。

証券担保ローンはそんなにゴチャゴチャと難しくなく、自分が持っている株式や投資信託等の銘柄が、証券担保ローンを取り扱っている金融機関で担保可能な銘柄であるか、ということになります。そして、担保可能な銘柄の場合、その時価評価額に対して担保掛値を入れた金額が借入可能額ということになります。次の式です。

借入可能額 = 担保対象銘柄の時価評価額 × 担保掛値

例えば投資信託1000万円を担保にし、その担保掛値が60%の場合、600万円借りれるということです。

収益を考える上での不動産担保ローンとの違い

返済につきまして、これが不動産の場合と大きく異なるのですが、普段は金利のみの支払いで定期的に契約更新することとなります。元本返済は任意のタイミングなのです。

注意が必要なのは担保銘柄の評価額が下がった時に、担保が処分される可能性があるということです。担保銘柄の評価額と自身の借入額について、気にしておく必要があります。

証券担保ローンの場合は借り続けられるかは担保評価額と借入金額で見られます。不動産の場合は返済していれば特に何も言われないです。金融機関は証券担保ローンは純資産を基準に、不動産はキャッシュフローを基準にしているということですね。投資家からすると、資産が証券であれ不動産であれどちらも重要視する必要があります。

それでは、その借り入れをして収益がでるのかどうかの判断基準についてです。モツの場合、証券の場合はキャッシュフローがプラスであるかどうかのみです。つまりは税引後で配当金や分配金や利息が金利を上回るかです。不動産の場合はキャッシュフローがプラスかつ、「元本返済 > 物件価値の低下」が最低基準としている方も多いでしょうから、このあたりは少し違ってきます。

この違いは、不動産の場合は物件価格は将来下がると考えて買っているのに対して、証券の場合は将来上がる、もしくは今とそんなに変わらないと考えて買っているからです。5年とかならどうかわかりませんが、10年、20年の長期投資ならそうなるでしょうと。これは各人がどのような考えで投資をし、どのような資産を持っているかで大きく異なりますが、モツの場合はこの考えに至りました。

2021年、証券担保ローンをどのように使っているか

節税はやりたいです。この先上がるか下がるかはわからないので、積立投資は続けていますが一括投資は控えてます。なので、小規模企業共済の支払いと積立投資を行い、証券担保ローンはそれぞれの相当額の金額を余剰資金として借入するという使い方をしています。

使い勝手が良いと思うんですが、未だ使っている人には出会ったことがないんですよね。

セミリタイアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました