FIREセミリタイアの域に(キャッシュフロー編)

スポンサーリンク
2020年4月からは投資からのキャッシュフローのみで生活しており、給与所得は投資の為の買付余力として手を付けていない状態です。
4月にモツ家の口座の入金と出金も含めて、完全に次の状態に切り替えました。
●2020年3月までの家計
●2020年4月からの家計
不動産投資キャッシュフローは空室や修繕や税金等で月毎に数十万円単位でぶれますが、概ねこのような感じです。
生活に関係するお金については次のような諸条件です。
 4人家族で夫婦と小学生以下の子供2人。
 自宅は賃貸、車なし、生命保険なし。
 教育費は子供1人につき月10万円。
 モツがFIREセミリタイアするとモツの給与所得がほぼ消滅し社会保険料の支払いが追加。
 上記の図のとおり妻の給与所得は全て投資資金。
 現在は法人なし。会社員を辞めたら設立し、ささやかな報酬を受け取る予定。
定期的に直接お会いするような友人の中にも、ここ3年ほどの間で実際にセミリタイアした方が何名かでてきました。
投資方法は様々ですね。
FIREセミリタイアできる域に達することと、実際にそれを実行することの間の大きな壁にぶち当たっている状態です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました