育児休業、2回目

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。
育休サラリーマンのモツです。

2015年9月に第2子が生まれました。なので、会社員の私は2016年6月から4か月間の育児休業をとります。第1子のときは6か月半の育児休業で貴重な時間となりました。今回も素晴らしい時間を過ごせると楽しみにしています。
男性が育児をすることで女性が活躍できる機会が増える。その結果としてに社会全体に好循環がある、そう思ってます。男が育児をやらんとね。

さて、我が家では公務員の妻は仕事をしたいといっております。楽しいので仕事をしたいと。
育児中の公務員は短時間勤務で1日6時間勤務ができます。しかし、それでは妻のやりたい仕事にはならない。
妻がやりたい仕事をやるのであればフルタイム勤務で残業や休日出勤もする必要があります。一方で我が子たちの保育園の送り迎えと家事、保育園が休みの日曜日どうするか、そして小学校に上がったとしても低学年の時はどうするか、ということになりますよね。

私の会社員収入と妻の公務員収入を比較すると私の会社員収入は妻の公務員収入の2倍近くあります。しかし、妻が仕事に専念するために私が主として育児をするのもありかなと思ってます。妻の仕事は社会に好影響がある、すごく付加価値がある仕事なんです。妻のことを尊敬しているんです。

↓面白かった方は、クリックよろしくお願い致します。

育児休業
スポンサーリンク
シェアする
FIREマンのモツをフォローする
42歳でFIREマンになった。モツの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました