金利の固定期間の終了

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。
育休サラリーマンのモツです。

2015年12月に米FRBが金利引き上げるようなことを言ってから、日本では一段と長期金利が下がってますね。2年前の2014年1月は長期金利0.6%台でした。そして、2016年1月は0.2%台です。これは、不動産投資で融資を受けるにあたる金利ともかかわります。
日本の金利で長期金利というときは10年物国債金利がベースです。財務省のWEBサイトで前営業日までの金利が確認できます。10年のところをみましょう。

私は現在2本の融資を組んでおり、そのうちの1本は金利0.92%、2年固定で借りました。この超低金利下の2016年1月に2年固定の固定期間が終了します。長期金利が0.6%台のときに融資金利0.92%だったので、長期金利0.2%台の現在はどのような金利で提示されるでしょうか。楽しみにしていました。

そして、契約更新のために銀行に行ってきました。新金利は3年固定で0.83%。銀行から見たら次の儲けと考えてよいでしょう。
前回:長期金利が0.6%台、貸出金利が0.92%なので約0.3%の儲け
今回:長期金利が0.2%台、貸出金利が0.83%なので約0.6%の儲け
なので、今回の契約更新で銀行に儲けてもらうことになりますね。
固定期間が終了する3年後の契約更新時に長期金利が上がっている場合は上記の説明を銀行にして、なんとか今回の融資金利0.83%の水準を維持していきたいです。

↓面白かった方は、クリックよろしくお願い致します。

サラリーマン ブログランキングへ

融資
スポンサーリンク
シェアする
FIREマンのモツをフォローする
42歳でFIREマンになった。モツの投資生活

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    アメブロの新着記事から来ました。いろいろ興味深い内容ですね。私色がにじみ出るブログですが、良かったら見て下さい。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    面白そうな記事を探していたらここにたどり着きました。ブログを読んでいるともっと読みたくなりました!私のブログにも遊びに来てくれると嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました