2015年の運用成績

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。
育休サラリーマンのモツです。

2015年もいい年になりました。なんといっても第2子の誕生が大きいです。生まれてくれてありがとう。そして嫁に感謝してます。第1子の子育てと仕事を両立し、さらに不妊治療、よく頑張った。

さて、不動産投資はどうだったでしょう。保有物件は区分と戸建で12戸です。保有物件の値上がりや、新規に物件購入ルートを開発できて割安に物件を購入できたこともあって、純資産も順調に増えました。11月に区分ファミリー1戸が空室になりましたが、12月に賃貸契約したので満室で年を越すことができます。

2015年は新たな経験として次のことがありました。なお、これらは対応するのに労力がかかってますし、勉強をして事前に知識があるから解決できました。不動産投資を不労所得と思ってやっていたら大きな損失になっていたでしょう。
1.賃貸中戸建を購入したら賃借人が家賃払わんと言ってきた。本当に払わないのでないので内容証明を送ったらその後は家賃払ってきた。
2.築古区分ワンルーム1戸が全損した。保険に入っていたので復旧にかかったお金は保険金でまかなえ、さらに儲けが出た。
3.退去があった区分ファミリーでクローゼットが壊されていた。修理に時間がかかってしまったがクローゼットや戸棚等を安価に修理できる業者さんを発見できた。

2015年は自身が代表となる法人を設立予定でした。ただ、マイナンバーのがらみで自身が代表でよいのかという課題がでてきたので2016年に持ち越しました。

2015年の1年間の成績は次の通りです。
 資産 1億6290万円
 負債 8910万円
 純資産 7220万円
 年間家賃収入 1090万円
 年間税引後キャッシュフロー 660万円

自身と嫁の給与から7年間で3200万円程を不動産に投資をしていおります。これをファンドへの投資と考えた場合に、3200万円の投資で年間の配当が660万円なので、2015年は税引き後の配当利回りが20%以上になりました。
また、純資産が7220万円なので投下資金の3200万円が約2.25倍に増えたことにもなります。ファンドを解散(=全物件売却し不動産投資をやめる)するとしたら、経費もかかりますがそれでも2倍ぐらい増えたことになります。解散はしないですけどね。

2016年も良い年にしていきます。

↓面白かった方は、クリックよろしくお願い致します。

サラリーマン ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました