Re:大手

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。

育児休業サラリーマン不動産投資家のモツです。

私が不動産投資を始めるにあたり、いくつか不動産投資本を読みました。ファミリータイプは入居期間が長いということが書かれている不動産投資本がありました。

ワンルームであれば、2,3年で引っ越す可能性が高いであろうから、5,6年の入居が見込めるファミリータイプを購入していこうと考えておりました。

私の場合は、自身の高属性を利用して、首都圏の好立地の区分ファミリーと戸建をを購入していこうと考えておりました。

そして、川崎・横浜で交通利便の良い場所に、分譲の区分ファミリータイプと戸建を購入してます。

なぜなら、私自身がそういった場所に良質なファミリータイプを借りたく、賃貸物件を探してもなかなか見つからなかったからです。

需要に対し供給は少ないのではないかと考えたからです。

私は、ファミリータイプは川崎市と横浜市のターミナル駅から徒歩10分以内に4戸の区分と戸建を保有しており、平均入居期間は2年ほどになります。

ファミリータイプは5,6年は入居してもらえるであろうと思っておりましたが、実績は2年なのです。

入居期間が長いはずで、退去や募集の手間がかからないということで購入したファミリータイプですが、実際はそうではなかったです。

首都圏で交通利便がよい場所は、たとえファミリータイプであっても入れ替わりが多いのでしょう。何せ高額家賃を払える会社員は転勤も2,3年おきの場合が多いですから。

なので、ファミリータイプが長期入居というのは場所と物件のグレードによることと感じています。

月額15万円を超える高額家賃帯の物件は、不動産投資の初期に合っていなかったです。

しかしながら、多くの経験値や人脈を得たのも確かです。

この経験を活かしながら今後の改善につなげていきます。

↓オモシロかったらクリックよろしくお願いいたします。


サラリーマン ブログランキングへ

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    首都圏で月額18万円以上は大手賃貸物件があるので避けるか、同仕様以上で少し安い賃料や礼金の条件で成り立つ物件を仕入れる必要性を感じています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。投資本に書いてあることと、実際には違うことはよくありますね
    ファミリー賃貸は三井とかが分譲仕様なのに賃貸物件をジャンジャン作りはじめてしまってから、なかなか個人投資家所有物件では難しいなぁ、と思います

タイトルとURLをコピーしました