サラリーマンが育児休業をとれんのか!⑥ 準備編

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。

育児サラリーマン不動産投資家のモツです。

先日、築15年の木造アパートの融資の事前審査でオーバーローンがでたようです。

なお購入予定者は私がアドバイスをしているサラリーマンで、今回初の不動産投資物件を購入しようとしています。

今度、詳しい話を聞いてみます。

過去の育児休業シリーズは以下です。

第5話 http://ameblo.jp/moturealestate/entry-11473543239.html

第4話 http://ameblo.jp/moturealestate/entry-11471321202.html

第3話 http://ameblo.jp/moturealestate/entry-11470563131.html

第2話 http://ameblo.jp/moturealestate/entry-11463804753.html#main

第1話 http://ameblo.jp/moturealestate/entry-11460142067.html

サラリーマンである私が育児休業の取得を決断できたのは、

 ①嫁が公務員

 ②不動産からの手取り

 そして、

 ③復帰してだめな場合は転職する

です。

育児休業から復帰後に、出世、職務内容などに影響が出て会社に居づらく、さらに仕事が面白くないのであれば転職すればよいです。
そのために、自分が転職した場合に、どのような会社にいけるかを事前に調べておきます。

これにより育児休業をとる決断をするための安心感が得られます。

私は、そのための活動として20時間ほど時間を使いました。

そのほとんどは、実際に人にあうという活動でした。

嫁が正社員や公務員でなかったり、不動産からの手取りなどのセカンドマネーがない方で、将来にわたりサラリーマンを続ける予定の方は、この復帰してだめな時は転職するということについて事前によく調べておけばよいです。

↓参考になったと思えた方はクリックしてもらえたらうれしいです。


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました