区分ワンルームの建物管理 その2

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。

サラリーマン不動産投資家のモツです。

前回、私の保有する築20年の区分ワンルームが、2013年に大規模修繕を予定していることを書きました。

そのため、私は1棟の大規模修繕を経験すべく、理事会メンバーになりました。

築20年ですが、一度も大規模修繕をしていたことがないため、修繕積立金がかなり豊富にあります。

その修繕積立金を使い、大規模修繕をするわけですが、オーナーとして実施することは、おおむね以下のような手順になります。

①修繕対象とする箇所の決定

②修繕内容の決定

③予算の決定

④修繕を依頼する業者の決定(今はこの段階です)

⑤実際の修繕

この手順によりこれから得られる経験は、一棟をもったときに大規模修繕にも大いに役立つと期待しています。

今の段階は④の段階で、見積もりを依頼する業者を決めて、実際に修繕を行っている別の物件等を見学しています。

見学は抜き打ちで各理事会メンバーが、各々好きな時に好きな現場を見学しています。

各業者からプレゼンを受けた後、理事会で決定すると次の⑤のステップに進みます。

2013年3月頃には⑤に進めるスケジュール感です。

↓クリックしてもらえたらうれしいです。


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました