新規入居から1カ月は問い合わせが多い

スポンサーリンク

お訪ねいただきありがとうございます。

サラリーマン不動産投資家のモツです。

8月は空室が2部屋あったのですが、9月に満室となり、10月は保有物件に関して何かをすることはほとんどありませんでした。

私は区分所有と戸建を保有しています。満室時はほとんどやることが無いです。

とはいいましても、10月は空室だった2部屋に新規に入居された方からの問い合わせがいくつかありました。

新規入居から1カ月は問い合わせが多いですね。

その中には時間とお金がかかることもありましたので、今後の参考に書いておきます。

ちなみに今回の2部屋はそれぞれ以下のものです。

・戸建で新築

・2DK区分マンションで築6年

以下のような問い合わせがありました。

①駐輪場が欲しい件

問い合わせ:区分のマンションの入居者様が自転車が置きたいとのこと。

対応:管理組合が契約している建物の管理会社に連絡しました。入居者様と管理組合の直接の契約となるようで、その旨をこの管理会社から入居者様に伝えていただきました。

解決までの負荷:電話でのやりとりで10分時間を使いました。

②宅配ボックスが開かない件

問い合わせ:事前に聞いていた宅配ボックスの暗証番号で開かない

対応:これも建物管理会社に連絡しました。正しい番号を入居者様に連絡してほしいとお願いしました。のちに入居者様から、1年ほど前に番号が変わったようで、新しい番号はXXXXXXXXXと連絡いただきました。

使った時間とお金:電話でのやりとりで10分時間を使いました。

③風呂の排水栓の動作不良の件

問い合わせ:プッシュ式の風呂の排水栓で、押しても排水栓が正しくしまらない。

対応:まず、どういうことかがよくわからないため、入居者様にヒアリングとインターネットで検索しました。意味がわかったので、保険で対応可能かもと思い、火災保険を契約してる会社に連絡しました。すぐには動けないとのことで、水周りの修理をしてくれる会社をインターネットで調べて連絡しました。現地の確認が必要とのことで、入居者様と現地確認のスケジュール調整をこの会社と入居者様で直接してもらうようにしました。

対応完了までに2日間かかりました。

使った時間とお金:電話でのやりとりや調べたりするのに1時間ぐらいかかりました。保険での対応は結果的に不可とのことでした。そのため、時間を使った以外に3万円使いました。

④賃貸付けをしてもらった仲介業者様が訪問したい件

問い合わせ:仲介業者様が、私の自宅を訪問したいとのことです。

対応:理由がよくわからないので断ったのですが、10分でも良いのでどうしても訪問したいとのこと。

使った時間とお金:その業者様の会社の体制、営業地域等の情報も得られたため、今後のためにもなりました。お菓子(1500円相当)もいただき、嫁が喜んでいました。

以上のような手間とお金がかかりました。

賃貸管理を仲介業者様に任せていれば賃料の5%の費用を払えば①、②の手間は無かったのかもしれません。③は時間は節約できたかもしれませんが、お金はもう少しかかったのだと思います。

クリックしていただけるとうれしいです→
人気ブログランキングへ

賃貸管理
スポンサーリンク
シェアする
FIREマンのモツをフォローする
42歳でFIREマンになった。モツの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました