空室対策 その3

スポンサーリンク

お訪ねいただきありがとうございます。

サラリーマン不動産投資家のモツです。

私は現在5部屋もっているのですが、そのうち2部屋が最近まで空室でした。

その2部屋に入居者様に住んでいただくべく、募集活動に奮起しました。

20日以上の空室は初めての体験でした。そのため、焦りもありました。

そんな中、非常に迷惑なこともありましたので、そのことについて書いておきます。

私は15万円前後で借りていただける部屋を中心に保有しています。それは、自身が、そういった賃貸物件に住みたいからです。

私も現在17万円の賃貸に住んでいます。

そんな物件なのですが、こんな迷惑な入居募集の方がいました。

迷惑Aさん:大手法人として申し込みします

迷惑Aさん:キャンセルします(3日後)

入居希望Bさん:申し込みします(地元の個人経営の社長で、私はこういった方を応援したく、良い部屋を借りていただき頑張ってほしいと思っています。)

迷惑Aさん:やっぱり借りたい。

私:Bさんから申し込みがあったので、2番手です

迷惑Aさん:礼金+1か月、賃料+2000円するので、それでも借りたい、(大手金融機関だから偉いんだぞみたいない言いっぷり。。。)

私:お金の話ではないです。先に入居希望Bさんから申し込みをもらったので、順番です。

その後、迷惑Aさんの仲介業者から20分おきぐらいに電話が数十回ありました。どうしても借りたかったようです。

この迷惑Aさんは2週間ぐらいかけて遠方から部屋を探していたようです。大手法人の金融機関で社員が物件を探す場合のことについてひとつの経験がつきました。

私も大手法人の金融機関で勤務しており、賃貸住まいです。賃貸を探すときは自身で探します。迷惑Aさんと似た属性です。

何がいいたいかというと、こういった高属性の人間は意外とわがままが多いです。おそらく、なんでも自分の思い通りになると勘違いをしているのだと思います。

私はこんなことはしませんが、同じ会社の人間で自分が偉いと勘違いしており、似たことをすると思われる人は見当たります。

なお、誤解がないようにつけくわえますと、私が勤務している会社では、私が人間として素晴らしい方と思う人ほど謙虚で、実直で信念があり信頼できます。迷惑Aさんのように、偉いと勘違いをすることは皆無です。

クリックしていただけるとうれしいです→
人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました