シティバンクの融資

スポンサーリンク

昨日シティバンクにいき、金消契約をしました。

シティバンクの不動産投資ローンについてはシティバンクのホームページに記載があります。

私は期間30年、金利2.55%(5年固定)で借りました。

まず電話で資料を請求し、事前審査のための資料を返送、1週間ほどで事前審査の結果の連絡が電話でありました。それから売買契約後、本審査のための資料を送付しました。

司法書士様はシティバンクの指定になります。

電話や資料のやりとりは住宅ローンセンター(コールセンター)となり、ここで不動産投資ローンも扱っているようでした。

昨日は横浜支店に行き、口座開設と金消契約をしました。支店の担当者の方は今回の不動産投資ローンのことを、住宅ローンといっていました。おそらく住宅ローンセンターから支店に行く契約のことをすべて住宅ローンと言っているのだと思います。

私の場合は口座管理料をとられないのですが、シティバンクに資金をあまり入れていなかったり、融資額が少ない場合は口座管理料をとられるようです。

以下にその他の特徴をまとめてみます。

①融資期間が長くとれる(RCだと築30年までは融資期間30年までいけると思います)

②1棟の場合は総戸数4戸まで(違和感を感じされるとは思いますが、5戸以上はNGのようです)

③ホームページに書かれている諸条件よりも緩くなることがあるらしいです(私は金利が下がりました)

④不動産投資ローンを終了するようで、ホームページには2012年5月31日までの申込受付分までと書かれています。(私はそれ以後の申込みで融資をうけることができました)

アパートやマンションを1棟買う方には向いていないですが、区分所有や戸建てを買う方には向いていると思います。

今回の融資で、借金総額が8600万円になります。色々調べてみると、オリックス銀行やシティバンクは借金総額1億円で融資がストップするようです。私は資産3億円、負債2億円の状態にしたいです。

次回融資について書くときは、あと1億円分をどうするつもりかについて書いていきたいと思います。

クリックしてもらえたらうれしいです。→
人気ブログランキングへ

ブログ本文の最後に書きました、あと1億円分の借り入れをどうやってするかにもつながるのですが、海外不動産投資についても調べています。オーストラリア(ケアンズ)やニュージーランド(オークランド)が街の雰囲気や今の経済状況的に自分にあっている気がしています。

ニュージーランド流 資産倍増計画/白鳥猛
¥1,260
Amazon.co.jp
融資
スポンサーリンク
シェアする
FIREマンのモツをフォローする
42歳でFIREマンになった。モツの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました