家族4人で売買契約

本日の日曜日は、4歳の長女・1歳の次女・嫁・私の4人で不動産屋に行って区分ワンルームの売買契約をしました。

家族4人で自宅に訪ねてくる銀行員と話をしたり、賃貸募集の依頼で近所の不動産会社を訪ねることは年に1回ぐらいはあるのですが、4人で売買契約は初めてでした。

 

長女と私の2人とか、次女と私の2人とかで契約や決済はあったんですが、嫁が売買契約の場にいたのは初めてでしたね。売買契約の当日のやり方っていくつかのパターンかあります。

そのパターンの一つに、契約書にハンコを押すまでは売主と買主が別室でハンコ押してから会うパターンがありますよね。今回はそれでした。

 

そして、帰り道での嫁との会話は次の通り。

嫁:「最初となりの部屋にいた売主だった人、すれ違ったとき挨拶もしてないけど、あんた売主って知っとったん?」

 

モツ:「慣習的に、契約書にハンコ押した後に売主と買主があいさつするみたいなこともあるから、売主なんだろうと思っとった。」

 

嫁:「仲介の不動産会社が売主と買主とそれぞれ別室で話した後に、こちら売主で、そちら買主と言って会わせるん?」

 

モツ:「うん、そんなことも結構あるけど。」

 

嫁:「お見合いかよ!おかしくってしょうがなかったわ。(笑)」

育休サラリーマン不動産投資家のモツ

普通の男性会社員の私は不動産投資による資産形成を主として2度の育児休業を取得することができました。育児休業と不動産投資について紹介します。

0コメント

  • 1000 / 1000