セミリタイアした場合のお金について考える(後編)

セミリタイアした場合のお金について考える(前編)で次のことを考えました。

 

1.現在の収支

2.モツのみがセミリタイアした場合の収支

3.嫁のみがセミリタイアした場合の収支

 

続きを考えてみます。

 

まずは、

4.モツと嫁の二人ともがセミリタイアした場合の収支

株式配当所得は微々たるものです。セミリタイアしたモツは何か事業をするだろうけど、事業所得がいくらになるかは不明です。ギリギリ生活はしていけますが、精神的な豊かさを含めた諸々を考えると「うーん」、と思ってしまいます。夫婦2人ともセミリタイアするためには不動産投資のキャッシュフローを増やすか収入の柱を増やす必要がありそうです。

 

5.モツと嫁の二人ともがセミリタイアして、親の介護が入ってきた場合の収支

親の介護が入ってきたら資産を取り崩して介護費にする必要がでてきてしまいます。ただ、親の資産について把握さえすれば、実は親の資産でリスクコントロール可能である気もします。

 

 

以上、5パターン考えてみたらこうなりました。もうしばらくは給与所得も必要ですが、共働きで二人ともフルタイムの必要はないです。嫁はしばらく好きで給与所得者を続けそうです。なので私は今の会社は好きな時に辞めちゃえばよいのか?


育休サラリーマン不動産投資家のモツ

普通の男性会社員の私は不動産投資による資産形成を主として2度の育児休業を取得することができました。育児休業と不動産投資について紹介します。

0コメント

  • 1000 / 1000