融資と育休と不動産投資

育休とって不動産投資で融資ってうけられるの?みたいな検索ワード、例えば「育休 不動産投資 融資」等で当ブログにたどり着いた方も結構いるようです。なので自身の実体験を紹介します。

 

2013年に半年間の育児休業をとりました。育児休業中に借り換えの行動をしました。0歳児の娘をつれて銀行や役所周りをした記憶があります。当時は借金総額8400万円で、オリックス銀行と横浜銀行とシティバンク銀行から借りていました。それを2014年1月にM銀行に借り換え成功しています。M銀行には以前から私の給与口座があり育休中は給与収入は無いので、給与の入金がない状態での借り換え成功です。このときは銀行員に育休だったということは伝えていません。

 

次に2014年4月頃にM銀行に2013年の確定申告を渡しています。

2013年は半年間育休だったので、給与収入がガクッと減っています。2014年も賞与が減るので給与収入が減ります。2015年からもとにもどります。そのことを銀行員に説明したところ、「一時的なことですので問題ありません」とのことでした。

 

また、M銀行には3年固定で借りましたので2016年1月に金利見直しがありました。2013年~2015年の確定申告も金利を決めるのに関係してくると思いますが、金利は下がりました。3年固定で0.92%の金利だったものが3年固定で0.83%になりました。

 

新規に実行された融資はといいますと、2015年にS信託銀行から1件受けています。

2016年の育休中もM銀行から1件と日本政策金融公庫から1件の融資を受けていますし、0歳児の下の娘と銀行や役所もめぐりました。

 

融資を受けていない金融機関も含めていくつかの金融機関と話していて感じたことは、何年か不動産投資の実績があって不動産所得も黒字になっていれば育休によるサラリーマン収入減はあまり関係しないのでは?、ということです。

育休サラリーマン不動産投資家のモツ

普通の男性会社員の私は不動産投資による資産形成を主として2度の育児休業を取得することができました。育児休業と不動産投資について紹介します。

0コメント

  • 1000 / 1000